高齢者講習~認知機能検査の問題や料金、予約の情報集

投稿日:

70歳以上の高齢者が受ける高齢者講習とは

高齢者講習というのは、70歳以上の運転免許取得者が、免許更新を希望する場合に、運転適正検査や座学、運転講習などで構成された高齢者講習を必ず受検する必要があります。

また75歳以上の場合には、記憶力や判断力を測定する「講習予備検査」も追加されます。

人は年齢とともに判断力や記憶力が低下してしまいます。また視力や体力も若いときとは同じではありませんから、こういった変化を理解してその変化に応じた運転を心がけることが大切です。

高齢者講習は70歳を超えた運転免許取得者に対して受講することが義務化されています。これを受講しないと免許証の更新を行うことができません。

スポンサーリンク

高齢者講習の認知機能審査の気になる内容とは

75歳以上の高齢者が運転免許の更新をする場合には、高齢者講習の前に認知機能審査を受ける必要があります。
認知機能審査というのは、運転免許証の更新期間が満了する日の6ヶ月前から受けることができます。

認知機能審査は、記憶力や判断力を測定する検査で、公安委員会や委託された教習所などで受けることができます。
検査の内容は、時間の見当識や手がかり再生、時計描写となっています。

時間の見当識は検査時における年月日・曜日及び時間を回答していきます。
手がかり再生は一定のイラストを記憶して、ヒントなしで記憶しているイラストを回答していきます。

時計描写は時計の文字盤を描いて、その文字盤に指定された時刻をあらわす針を描いていく検査です。
検査の結果記憶力や判断力に問題がないと判断された場合には、その後高齢者講習を受けることが可能となります。

スポンサーリンク

高齢者講習の認知機能検査で出題される問題

70歳を超えると運転免許の更新時に高齢者講習を受ける必要があります。
また75歳を超えると認知機能検査を受けなければいけません。

検査の時には、時計や携帯電話をしまうように指示がありますが、問題では現在の時刻の記入がありますから、時計をしまうときに時刻を覚えておくとよいでしょう。

高齢者講習の内容としては、講習・運転適正検査・実車があります。

時間の見当識問題は、今年の西暦や現在の月、現在の時間などの問題が出題されます。
見当識というのは、自分が今どこにいるのか、自分が置かれている状況を正確に認識しているかという意味で、認知症の検査などでも実施されているテストです。

手がかり再生問題は、16枚のイラストを記憶して、試験官が出題する問題を回答する方式です。

時計描画問題は、試験官が時刻を出題し、その時刻の時計の絵を描くことになります。
この問題では正確に時計を描けているか、数字が足りているかどうかなどを見て、認知症の可能性があるかどうかを判断していきます。

高齢者講習にかかる料金と予約の取り方とは

70歳以上の高齢者が運転免許を更新する場合には、高齢者講習を受ける必要があります。この高齢者講習を受講しないと免許証の更新はできませんから注意が必要です。

高齢者講習を受けられる機関は、更新期間満了日の6ヶ月前から更新期間満了日までの間となっています。
受講するには予約が必要となっていますから、希望する教習所に直接電話で予約を行います。

講習通知書のお知らせには教習所名や電話番号が記載していますが、教習所が少ない地域などでは予約がとりにくくなっていますから注意しましょう。

高齢者講習の所要時間や2時間程度で、座学や運転適正検査、実車が行われます。講習にかかる料金は5100円となっています。

講習には免許証更新のための講習のお知らせのはがきと、運転免許証、手数料、筆記用具が必要となりますし、眼鏡が必要な場合は必ず持参するようにしましょう。

Copyright© Siruuu! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.